川口市前川の歯医者 てるい歯科 小児歯科

小児歯科

小児歯科について

小児歯科イメージ画像

小児歯科とは、お子様の虫歯の治療・予防方針を立て、乳歯を経て永久歯が生え揃うまでの間に、お口の健康管理を行う診療科目です。
当院はご家族で通える歯医者さんとして、とくにお子様の歯科診療の充実を掲げています。歯は幼少の頃から虫歯の予防に努めることで、最終的にはきれいな永久歯を正しい位置に生やし、健康なお口の状態に育てることができます。そのため乳歯のケアもしっかり行います。フッ素塗布(無料)やシーラントなど虫歯予防につきましてもご相談ください。

乳歯の役割とは

乳歯は、下記のように大切な役割を担っており、そのうち永久歯に生え変わるからと言って、おろそかにしてはなりません。生え変わった際の歯並びや歯の噛み合わせを整え、健全な食生活を送れるようにするためには、乳歯の頃からのしっかりした治療・管理が不可欠なのです。乳歯の虫歯も、決して放置してはいけないのです。

乳歯の役割

  • 食物を噛む(消化を助け、成長を促す)
  • 言葉の発音を助ける(正しい発音を身につける)
  • 顔や顎の形を整える
  • 永久歯が正しく生えるように導く(歯並びを整える)

小児の虫歯予防

小児の場合、年齢によって虫歯の生じやすい場所に差があるのが特徴です。年齢に応じた虫歯になりやすい場所を知った上でケアすることは、小児の虫歯を予防するにあたってのとても重要です。年齢によって生じやすい虫歯の箇所は以下の通りです。

1~2歳にかけて 上の前歯
2~3歳 奥歯の噛み合わせの溝
4歳頃 一番奥とその手前の奥歯の接している部分
6歳前後 生えたばかりの奥歯(第一大臼歯または6歳臼歯と称する)の溝

フッ素塗布とシーラント

当院では虫歯予防のために「フッ素塗布」や「シーラント」などで歯質を強化しながら、また個別にブラッシング指導(保護者による「仕上げ磨き」のポイントを含め)を行うことによって、お子様の大切な歯を守ります。

フッ素塗布

フッ素は、虫歯菌が出す「酸」に対抗する強い歯質をつくり、虫歯に対する抵抗力を高めます。乳歯や生え変わったばかりの永久歯には、特に効果的です。また、初期の虫歯を再石灰化(一度溶け出したイオンやミネラルが歯の表面に戻って修復されること)して修復を促し、虫歯の進行を防いでくれます。 川口市では、1歳6ヵ月~3歳になる前日までの幼児を対象にしたフッ化物塗布(フッ素塗布)(2回)を実施しています。当院は委託歯科医療機関であり、費用は無料です。詳細については、川口市のホームページをご覧ください。

シーラント

幼い頃は奥歯の溝が深く、形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が入りにくいものです。そのため、毎日歯磨きしていても、虫歯になってしまうことがあります。シーラントは、そんな奥歯の溝を薄いフッ素入りの樹脂で塞ぐ虫歯予防法です。

1歳半歯科検診から受付

お子様の診療に関しては1歳半健診から受け付けておりますが、治療については、緊急の場合を除き、お子様が歯科医院に慣れてから始めますのでご安心ください。
わが子の歯医者デビューをお考えなら当院へお気軽にどうぞ。駐車場(4台分)も完備しております。

川口市の1歳6か月児歯科健康診査

川口市では、歯が生え揃う時期である1歳6か月児を対象にした歯科健康診査を実施しています。歯科健診は個別健診であり、当院は、委託歯科医療機関です。主な内容は問診、歯科診察などです。診察に関しての内容で、ご質問などがありましたら、お気軽にお問合せください。

対象者 川口市にお住まいの、1歳6か月から2歳になる前日までのお子様
自己負担料金 無料
健診内容 問診、歯科診察、その他必要な指導等
※1歳6か月児歯科健康診査の詳細は、川口市のホームページをご覧ください